九州発 気持ちは晴れ!

ゴルフ、温泉、バス運転の仕事、庭いじり、ピアノ、愛犬、旅行、買って良かった物、などの情報です。

味わい深い一杯立てコーヒーを入れる

   

私は朝、家を出る1時間前に起床します。

コーヒーをゆっくり飲みながら朝食をとりたいからです。

香りがよいので、レギュラーコーヒーを一杯立てします。

ドリッパーにペーパーをセットしてカップにのせれば設定完了なので、

簡単で本格的な味わいを楽しむことができます。美味しいので25年続けています。

f:id:terubouzu-hare:20190326163621j:plain

味わい深いのももちろんですが、入れる作業が案外奥深いです。

入れ方次第で味や香りが全く変わってきます。

今日は私の朝の儀式でもある味わい深いコーヒーの入れ方をご紹介します。

 

①ペーパーのサイドと底の貼合部分を互いに内外反対に折り、ドリッパーに

セットします。

f:id:terubouzu-hare:20190326163850j:plain



②セットしたペーパーに約8gのレギュラーコーヒー粉を入れます。擦り切れで8gとなる専用スプーンを豆粉の中に入れてます。コーヒー粉は中挽きが好みです。

③沸騰させたお湯を30秒ほどさましてから注いでいきます。コーヒー粉全体に浸みる程度に細い幅のお湯を静かに注ぎ、40秒ほど蒸らします。

この③の工程のために余裕をもって起床すると言っても過言ではありません。

必ず待ってください。この間芳醇な香りが楽しめると思います。

④さあいよいよお湯を注ぎますよ。

手に神経を集中して、できるだけ細い水量で、「の」の字を書くようにぐるぐるとゆっくり粉に落としていきます。ドリッパーの半分の高さを維持するようにゆっくりですよ。ドリッパーの下から3分の1あたりを維持するとやや濃いめになり私は好きです。

f:id:terubouzu-hare:20190326164122j:plain

      ゆっくり細く「の」の字です

注ぎ始めから2分くらいかかると思います。

カフェで味わうような

至福の一杯が出来上がりました。

エンジン始動!

これで今日も頑張れます。

ではまた。