寝台特急みずほ号 博多駅で旅の友現る

1989年6月18日 19:24

寝台特急みずほ号は博多駅に到着した。


ホームには帰宅のサラリーマンも含めて、

多くの乗客がいる。


ここまでは閑散としていた車内も、

博多からは賑やかになりそうである。


私のいる3,4番のコンパートメントにも、

女性が乗ってきた。


やや緊張しながらも挨拶をし、少しずつ言葉を交わす。


名前は道子さん。

なんと1967年生まれで同い年。

大学4回生で、この列車で東京まで行き

明日就職の面接があるとのこと。


私は、事情があって1学年下の3回生。

来年の今頃はどうなっているか。他人事ではない。

だから、今実際に動いている就職活動の話題は大いに参考になる。


今日は福岡で面接があったとのこと。

明日は東京。就活も日本を股に掛けている。


20:26 門司駅到着。


関門トンネル通過のための機関車交換がある。

私は気分転換に彼女を見学に誘った。

コメント

Translate