寝台特急はやぶさ号 阿蘇の水源へ 

1989年12月3日 

「寝台特急はやぶさ号」から熊本で豊肥本線735D普通列車、

立野で南阿蘇鉄道レールバスに乗り継いで、

11:55 阿蘇白川駅に到着した。














阿蘇の外輪山の風景に圧倒される。


早速、阿蘇白川駅から400m程の「白川水源」へ。

道中歩いていると、周りは火山灰が薄っすら積もっており、
履いている革靴も灰で汚れてしまった。

今年の火山活動の激しさを物語っている。



小春日和の気持ちよさを感じながら到着。

これが、熊本の中心を流れる白川の水源。

いたるところから水底の砂を押し上げる様に
名水が湧いている。

これが見たかった。



実は今日、16時ごろまでに熊本駅へ戻らなくてはならない。

今回、九州で宿泊せず、本日発の「はやぶさ号」に乗車し東京へ
という弾丸ツアーなのである。


水源の茶店で昼食を取り、帰りのレールバスまで1時間ほど余裕がある。

観光地図を広げて、

もう1か所、近くの水源を訪ねることにした。

白川水源から南阿蘇鉄道の反対側へ。

田んぼが広がる農道をテクテク歩くこと10分。


竹崎水源に着いた。


周りは誰もいない。白川水源のように観光地化されておらず、
こじんまりとした素朴な感じの水源だ。

私は顔を洗い、そして湧水をすくって飲んだ。

スーッと体に染み込んでいく。

毎秒2トン湧いているとのこと。そんな風には見えないが。


やっぱり、地中から湧いてきた本当に綺麗な水と、
雄大な阿蘇の風景を目の当たりにし感動した。


そろそろ阿蘇白川駅、そして熊本駅へ戻らねば。











来てよかった。


コメント

Translate