寝台特急はやぶさ号 B寝台個室で駅弁を食す

1989年12月3日 17:45

東京行き 寝台特急はやぶさ号は

先程、久留米駅を出発した。


この時期、さすがの九州も車窓が暗くなってきた。


ちょっと早いが夕食をとることにする。

乗車前に

熊本駅の駅弁「あさり釜めし(700円)」を購入した。


信越線の横川駅で販売されている「峠の釜めし」は鉄道ファンにも有名で、

この「釜めし」のネーミングに惹かれてしまう。


あさりの甘辛い味付けが下の炊き込みご飯によく合う。

熊本が西側に面している「有明海」や「不知火海」の恵みを食べているようだ。


食後に、昨年覚えたタバコで一服する。

一人用個室であるから気兼ねせず、

流れる夜景を見ながら、至福の時間を過ごした。


陶器の釜飯の容器は持ち帰ることにした。
      

コメント

Translate