A寝台初体験

1989年11月

 当時、東京駅を発着するブルートレインは「急行 銀河」まで入れると 10本あり、10番線は長距離列車の旅情に溢れていた。

 極端な話、当日に予約や変更をしても、十分席は確保できたものだ。


「はやぶさ号を取ってるけど、今日は気分を変えて みずほ号に変更してみるか」とか。


 車両や編成はあまり変わらないが、 列車によってカラー(雰囲気)の違いが感じられた。

 最終的な行き先や途中の停車駅の違いもある。
客層もビジネスマンが多い列車とかありました。


 大学生であった私は、ブルートレイン乗車の際はいつもB寝台。 
例えば東京ー博多に新幹線で移動するのと比べても、B寝台は2,000円程高く、 旅費を節約するために、B寝台が当たり前であった。

 しかし、大学卒業まであと1年余りとなった頃、

 「今のうちにちょっと贅沢してみるか」
とみどりの窓口で さくら号のA寝台を購入した。

 

初めてのA寝台。

さくら号のA寝台は個室ではなく、
 通路をはさんで左右にベッド(座席)が並んでいる。 車内も静かな気がした。
 
そして、なによりも圧倒的なベッドの広さ。自宅の敷布団並みである。

B寝台と比べて4,000円程アップしたが、
長崎までゆっくり過ごすことができた。

人生 最初で最後のA寝台、貴重な体験であった。

コメント

Translate